隔月刊『風景写真』の撮影会 レポート&講評会

fukeitour.exblog.jp ブログトップ

辰野 清さんと行く春の伊那路、桜三昧の旅!

例年より開花が遅かったものの、撮影会の期間中には見事に満開となった伊那谷の桜。
しだれ桜やエドヒガンをはじめ、スイセンやコブシなど季節の花々にも
出合うことができました。
「WEB講評会」では、参加者の皆さんが期間中に撮影した写真の中から、
講師の辰野 清さんが一枚を選んでコメントします。

b0199137_1537272.jpg
奥村静子さん 「春の彩り」
桜など千両役者が揃う春においては、姿形の割には椿の印象は比較的薄いと思います。しかし、奥村さんはしだれ桜の影で楚々と咲く一輪に注目したことで、椿が春の主役を演じましたね。視点の鋭さが個性として感じられます。背景の空が明るく、椿が黒く潰れてしまう難しい場面ですが、わずかな光に注目し露出を上手に決めています。


b0199137_15372099.jpg
北岑順彦さん 「早春」
真っ白な雪山と澄みわたる青空、田おこし間近の田んぼの畦道に咲く満開のスイセン。まさに信州を代表する絶景ですね。アングルを低く構えて、スイセンと雪山が気持ちよさそうに会話しているような構成が、北岑さんの拘りなのでしょう。スタンダードな作風ですが、長く飾っても見飽きない美しい作品です。


b0199137_16305077.jpg
舘岡保夫さん 「よりそって、春」
田園風景ならではの、のどかな春の空気感がいいですね。ゆっくりと温められ、蒸すような土手や枯れ草の匂いも感じられます。舘岡さんは一足早く春を迎えたコブシの大樹と桜の若木の対比に、春のささやきを聞いたのでしょう。もう人気の無い旧家も繰り返す時代の流れを感じさせ、味わい深い脇役として生きています。
[PR]
by fukei_photo-tour | 2011-07-01 16:03 | WEB講評会
line

『風景写真』の撮影会です


by fukei_photo-tour
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite