隔月刊『風景写真』の撮影会 レポート&講評会

fukeitour.exblog.jp ブログトップ

マクロの達人・江口愼一さんと訪ねる秋色の月山【WEB講評会】


美しいブナの原生林が広がる東北の名峰・月山。
この地を知り尽くした江口さんの案内で、紅葉に包まれた滝や沼の畔のブナの彩り、
朝日に輝く湖面など、期間中にはさまざまな被写体を撮影することができました。
「WEB講評会」では、参加者の皆さんが期間中に撮影した写真の中から、
講師の江口愼一さんがセレクトしてコメントします。


b0199137_11192765.jpg
永井敏夫さん「地蔵池の秋」
夕方の斜光線によって浮かび上がった池の情景が、とても艶やかに表現されています。
対岸の味わい深い樹景に的を絞った構成が秀逸でしたね。
手前の草木のシルエットの活かし方も的確で、おもしろい効果を上げています。
メリハリの効いた画面に仕上げられました。


b0199137_112013100.jpg
加藤澄子さん「朝つゆ」
とても瑞々しい作品ですね。朝露のひと粒が実にシャープに描写されていて、
その滴の中の映り込みも印象的です。光の円ボケを活かした表現も美しく魅力的で、
清々しい空気感が感じられる写真になっています。
動きのある緊張感を覚える画面構成が秀逸でしたね。


b0199137_1122133.jpg
滑川敏行さん「秋の陽」
秋の穏やかな光に縁取られたブナの樹景が、とても印象深く表現されています。
ラインライトに光る幹の表情が美しく魅力的ですし、背景の紅葉の森の情景と絡めた
画面構成がバランス良くまとまっています。
明暗のコントラストが画面を引き締めて、メリハリを与えています。


b0199137_11222656.jpg
小川三良さん「秋の宝」
やや視線を下げて、水面に映り込んだ情景に的を絞ったフレーミングが秀逸です。
その思い切った切り取りによって、実に個性的な表現となっています。
とてもバランス良く構成されいて、水辺の瑞々しさや秋の爽やかな空気感が伝わる
画面に仕上げられました。


b0199137_11224328.jpg
小池福子さん「秋の彩」
落葉して裸木となった樹木とその奥の紅葉を重ね合わせて、おもしろい演出効果を
生み出しています。手前の樹に味わいがあり、画面全体として趣きも
感じさせる表現になっています。
深みのある色調描写に配慮した露出設定が的確でしたね。


b0199137_11231084.jpg
齋藤建彦さん「寄り添う木々と見守る仲間たち」
特徴的なブナの幹のラインに着目し、とてもユニークで独創的な絵づくりをされています。
低い視点からブナを見上げるようにして狙い、超広角レンズで
ワイドに捉えたフレーミングが秀逸でしたね。
周囲の樹々も巧みに活かし、迫力を覚える画面にまとめられています。


b0199137_11232849.jpg
松本修一さん「曙光」
朝焼けの温もりを覚える色調が印象深く描写されています。
シルエットで捉えた山の表情が画面を引き締め、雲のフォルムが画面全体に
動きを与えています。ややアンダー気味の露出設定がピタリと決まり、
コクのある色合いが得られました。
[PR]
by fukei_photo-tour | 2012-02-20 12:01 | WEB講評会
line

『風景写真』の撮影会です


by fukei_photo-tour
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite