隔月刊『風景写真』の撮影会 レポート&講評会

fukeitour.exblog.jp ブログトップ

辰野 清さんと行く秋の松之山、ブナと棚田を訪ねる3日間【1】【2】

【1】
美人林で有名な松之山で開催された「辰野 清さんと行く秋の松之山、ブナと棚田を訪ねる3日間」。
2日目の早朝には素晴らしい光景に出合ったのですが、
実は常連の参加者の方の間では、以前から「辰野さんの撮影会では何かが起こる!」と
噂になっていたそうです。
その2日目の様子については、後ほどレポートするとして、
まずは初日の出来事から……。


b0199137_10243467.jpg
最初に訪れたのは、まるで昔話に出てくるような佇まいの大厳寺というお寺。
境内に立つイチョウの大木が、鮮やかに色づいていました。


b0199137_10251421.jpg
イチョウの大木の下に広がっていたのは、黄色い落ち葉の絨毯。


b0199137_10254184.jpg
まるで毛が生えているようなフシギな形をしたツタウルシを撮影中。


b0199137_10255714.jpg
さらに次の場所では、色づいた柿の実と茅葺き屋根の古民家が、
懐かしい日本の山里の姿を見せてくれました。


b0199137_10261744.jpg
撮影を終えて宿に戻ると、すぐにセミナーが始まりました。
このセミナーでは、辰野さんが一枚の作品を作り上げるまでに、どのようなカットを
撮りながらフレーミングを追い込んでいくのか、途中で撮影した写真も上映しながら
解説するというもの。
ふだん目にすることのないカットを見た皆さんからは、「とても勉強になった!」
「わかりやすかった!」との声が次々とスタッフに寄せられました。


そして翌日、2日目の早朝。
この朝は美しい棚田が広がる星峠で撮影したのですが、そこでドラマチックな光景と
出合うこととなったのです。
その時の出来事はまた次回……というのは少々勿体ぶっているので、
少しだけご紹介すると……。

b0199137_10264773.jpg
星峠に着いた一行が目にしたものは、眼下を覆い尽くす霧の海。
東の空が色づき、周囲が徐々に明るくなってきました。


b0199137_10271785.jpg
杉木立は、まるで霧に浮かんでいるようでした。

ということで、今回はここまで。
次回のアップをお楽しみに!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【2】
皆さま、大変お待たせしました!
ではさっそく、前回の続きから……。

b0199137_16221444.jpg
眼下に広がる霧の海。
これだけでも十分にフォトジェニックな光景ですが、ここに太陽の光が差し込むと……。


b0199137_162325100.jpg
こうなります!
皆さんは、この光景に大興奮!
光を浴びた朝霧は、次々とその表情を変えました。


b0199137_16245060.jpg
しばらくすると、杉木立の間から光芒が発生!


b0199137_16262429.jpg
さらに、太陽が移動すると一枚の棚田が輝き始めました。



星峠での“絶景”と出合ってまだ興奮の余韻が残る中、
次に向かったのはブナの二次林で有名な美人林です。
b0199137_1629359.jpgb0199137_16305910.jpg
林床には落ち葉が敷きつめられ、池には優美な曲線を描くブナの姿が映り込んでいました。


そして午後は、大厳寺高原へ。
b0199137_16302424.jpg
溜め池に映り込むユニークな形をしたススキの群落が、一行を迎えてくれました。


b0199137_16312337.jpgb0199137_1631412.jpg
こちらはすぐ近くにある奇形のブナの大木。
夢中で撮影している皆さんと比べると、その大きさが良くわかると思います。


b0199137_1634350.jpg
最終日は、ふたたび美人林へ。
この日の天気は雨。
ブナの幹は雨に濡れて黒々として、前日とはまったく違う表情を見せてくれました。

皆さんの「今度は春に来たいです!」との言葉を残して、撮影会は終了しました。
[PR]
by fukei_photo-tour | 2012-02-22 10:55 | 撮影会レポート
line

『風景写真』の撮影会です


by fukei_photo-tour
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite