隔月刊『風景写真』の撮影会 レポート&講評会

fukeitour.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

辰野 清さんと訪ねる越後路、春色あふれる松之山へ

ブナの美しい林相で知られる松之山の美人林。
昨年の秋に引き続き、今回もこの地を訪れました!

b0199137_16503740.jpg
例年、この時期には残雪が解けてしまうことが多いのですが、
今年は冬に降った雪の量が多かったため、
2日目の午前中に訪れるとあたりは一面の残雪に覆われていました。

b0199137_1651518.jpg
しかも、ブナはつい2、3日前に芽吹き始めたばかり。
新緑とブナ林から見上げる青空のコントラストがとても美しく印象的でした。

b0199137_16535926.jpg
こちらは早朝に訪れた星峠の棚田。
眼下に目を向けると、そこには朝霧が漂っていました。

b0199137_16545625.jpg
しばらくすると太陽が遥か向こうの山並みから顔を出し、
やがて朝霧を美しく染めました。

b0199137_16551514.jpg
まだたっぷりと雪が残っていた棚田。


b0199137_165620100.jpg
この場所は、廃校になった学校の敷地跡。
桜が夕方の斜光線に浮かび上がっていました。
懐かしさを覚える風景です。


そして迎えた最終日。この日は、思いもよらぬ光景に出合えたのです。
それは山間の小さな集落にある、小高い丘の上にそびえる二本の桜の
古木を訪ねた時のこと。
松之山に精通した辰野さんでさえも、その桜の存在をそれまで知らなかったそうですが、
それもそのはず、地元の方の話によればなんと30年ぶりに咲いたというのです。

b0199137_16564569.jpg
例年であれば、ウソなどの鳥に蕾を食べられてしまっていたのが、
今年は開花の時期がずれたことで食べられずに見事な花を咲かせたのでした。

b0199137_1714573.jpg
桜のすぐ近くで、残雪の間から顔をのぞかせるフキノトウ。
付近にはミズバショウも咲いていて、まさに春の風景が盛り沢山でした。

b0199137_1725295.jpg
辰野さんの指導にも熱が入ります。


さらに帰り際、何気なく上空を見上げてビックリ!

b0199137_165813.jpg
なんとそこには日暈が出現していたのです。
突然の出来事に驚きながらも、皆さんは桜と日暈を夢中で撮影していました。


帰路についた皆さんの表情は、千載一遇の風景に出合えた至福に満たされていました。
[PR]
by fukei_photo-tour | 2012-06-26 20:02 | 撮影会レポート
line

『風景写真』の撮影会です


by fukei_photo-tour
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite